米・麦・大豆 ニュース詳細

2015.11.30 
米の民間在庫 前年より23万t減-農水省一覧へ

 農林水産省は11月27日、27年産米の契約・販売状況と民間在庫量について公表した。

 10月末現在の全国の集荷量は217万tで前年同月比で23.3万t少ない。販売契約数量は150.3万tで同24.6万t多い。販売数量は31万tで同1.5万t少ない。
 10月末の民間在庫は出荷・販売段階計で321万tと同23万tの減。うちわけは27年産米が261万tで26年産米(1年古米)の持ち越し在庫は52万tとなっている。同時期の1年古米の在庫量は26年10月末が45万t、25年同は47万t、24年同は20万tなどとなっている。
 また、全国の事前契約数量は114万tとなっている。
 
(関連記事)
27年産米の1等比率83.4%-10月31日現在 (15.11.24)

27年産米価格 前年同期より7%上昇-10月取引 (15.11.19)

【27年産米 米流通最前線(2)】 作況指数「100」 需給緩和から一転タイトへ (15.11.04)

前年より43万8000t減-27年産主食用米 (15.10.30)

【27年産米 米流通最前線】主食用の値上がりに中小米卸は戦々恐々 (15.10.23)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ