左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドSP:カスケード
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

ほぼ前年同期並みで売上高は81億9700万円 東洋ライス3月期決算2017年6月5日

一覧へ

 東洋ライス(株)(本社:東京都中央区、雑賀慶二社長)は6月1日、同社の銀座本社において2017年3月期(第56期)の決算を発表した。売上高は前年同期比0.7%減の81億9700万円だった。

業績説明する雑賀慶二社長 精米機器関連事業部門は、米価上昇などにより精米設備投資が抑制機運の中、異物混入対策など品質向上への対応や作業効率化を急ぐ大手卸が、最新式の同社機器を導入した。
 具体的には、色彩選別機の入れ替え、高性能精米機・全自動包装機など、18工場への機器導入が行われ、堅調な販売となった。
 機器を入れ替えた大手卸では「他メーカーと比べ、コンパクトで使い易くメンテナンスが容易であり、ロット間の切り替えも早くロス米が少ない。また研削がない摩擦式1回精米で歩留りが良い」と評価している。
 また、石抜機を他社製から入れ替えた東日本の系統卸は、「ロット間の切り替え時間が短縮され、清掃時間も大幅に削減された。最大のメリットは、石と同時に排出されるロス米が大幅に減少したこと」とコメントしている。
 BG無洗米の加工量は、46万3000トンとなり、前年度の46万5000トンから微減となった。
 コメ事業部門では、金芽米の生産量は5万500トンに微増(前年同期比0.1%増)、金芽ロウカット玄米の生産量は、前年度比30%増となる1300トンだった。
 結果、2017年3月期の売上高は81億9700万円(前年同期比0.7%減)、経常利益は14億4600万円(同5900万円増、4.2%増)、税引前当期利益は前年度とほぼ同額の14億3800万円となった。
(写真)業績説明する雑賀慶二社長

最新の記事

ナガセサンバイオSP

注目のテーマ

注目のテーマ

DiSC:SP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
topへ戻る