左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
BASFヘッドPS:バスタ液剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「飼料用米多収日本一」に460件が応募2017年8月9日

一覧へ

 農水省と(一社)日本飼料用米振興協会は、昨年に引続き「飼料用米多収日本一」コンテストを開催する。5月1日から6月30日にかけ参加募集し、このほど、その結果をまとめた。

 政府は、飼料用米について、「食料・農業・農村基本計画」に定める生産努力目標の確実な達成と「日本再興戦略」改訂2015に定める、10年後に担い手の60kg当たり生産コストを5割程度低減させるというKPIの実現に向け、生産性を向上させるための取組が重要だとしている。これらの目標の実現のために飼料用米生産農家の生産技術水準の向上を図るため、「飼料用米多収日本一」を開催し、生産技術の面から先進的で他の模範となる経営体を表彰することにしている。
 今年は全国から464件の申し込みがあった。そのブロック別内訳は以下の通り。

北海道 16
東北 131
関東 89
北陸 77
東海 40
近畿 15
中国四国 52
九州・沖縄 44
全国(合計) 464


 今後は、29年産の確定収量を踏まえ、審査委員会で各褒章の受章者を決定し、30年3月に表彰式を開催する予定となっている。

(関連記事)

飼料用米生産を呼びかけ-飼料業界(17.03.31)

「お米育ち豚」の飼料用米配合比率15%に コープネット(17.03.28)

28年度飼料用米 日本一は10a932kg(17.03.06)

今年の研究成果10大トピックス 飼料用米に適した「オオナリ」など(16.12.21)

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る