左カラム_農協協会90周年_400px
Z-GIS左PC
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_シリーズ_全中動静
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

飼料用米生産を呼びかけ-飼料業界2017年3月31日

一覧へ

 協同組合日本飼料工業会など業界4団体は3月28日、稲作生産者に向け飼料用の安定生産を呼びかけるメッセージを出した。

 国産飼料用米は28年産で48万tまで生産が拡大した。4団体は国産飼料用米のさらなる生産拡大に対応するため、一部の飼料工場で設備投資を行っており、当面の年間使用可能数量は4団体で120万t程度となっているという。
 こうした状況を稲作生産者につたえ、国産飼料用米は4団体の飼料メーカーで十分に利用できる体制にあることと、輸入トウモロコシの代替として食料自給率を高める飼料原料として大きな期待があることなどから、「安心して国産飼料用米の生産に取り組んでほしい」と呼びかけている。
 4団体は協同組合日本飼料工業会、くみあい飼料工場会、全国酪農農業協同組合連合会、日本養鶏農業協同組合連合会。 なお、JA全農はJAグループとして29年産で飼料用米60万t生産を目標に掲げている。

最新の記事

ナガセサンバイオSP

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

新世紀JA研究会:SP

特集

解説・提言

topへ戻る