生産緑地特集
左カラム:全中動静160_86
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
Z-GIS:ヘッドSP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

無洗米未来サミット開催などの近況報告 東洋ライス2018年10月10日

一覧へ

 東洋ライス(株)は10月4日、無洗米未来サミットや金芽米・金芽ロウカット玄米を使用した新商品など、近況について以下のように公表した。

 東洋ライス(株)は今年9月までの1ヶ年の通信販売の売り上げが前年1ヶ年と比較し、34%増と大幅に伸長している。また、「超高効率&準無人化工場」の精米工場設備一式のレンタルを推進していたところ、大阪の企業への導入が決定し、現在急ピッチで建設している。そのため、機械部門・コメ部門ともに活況で全社員が多忙を極める状態が続いている。
 世界初の無洗米「BG無洗米」が登場して27年が経ち、外食産業では無洗米が不可欠となっている。しかし、消費者の多くは「無洗米=粗悪なコメ」というイメージを持っており、それが無洗米の普及を妨げてきた。
 今回、環境省が東洋ライスを業界をリードする「エコ・ファースト企業」と認定した。これを機に、無洗米の開発意図や機能性を広く社会に発信するため、11月15日、明治記念館で「無洗米未来サミット」を開催する。
 また、コンビニや量販店から金芽米・金芽ロウカット玄米の新商品が続々と発売されている。明治ライスデリカ(株)から発売されている金芽米・金芽ロウカット玄米100%のおにぎりは好評で、「金芽ロウカット玄米」おにぎりシリーズに10月15日から新たに3種類が加わる。
 また、幸南食糧(株)との裁判結果については東洋ライスが敗訴、(株)幸南トーヨーの解散請求事件については勝訴した。

 

(関連記事)
無洗米を評価 東洋ライスを「エコ・ファースト企業」に認定(18.08.08)
売上高は5.1%増の86億1600万円に 東洋ライス(18.06.01)
「世界最高米」事業をスタート 東洋ライス(18.01.29)
TV「カンブリア宮殿」で有機質資材「米の精」を紹介 東都生協・東洋ライス(17.06.08)
JA全農長野と東洋ライス「金芽米」などの輸出で連携強化 東洋ライス(16.09.01)
「無洗米GABAライス」機能性表示食品に サタケ(15.10.23)

最新の記事

シンジェンタミネクトブラスター:SP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る