米・麦・大豆 ニュース詳細

2018.08.08 
無洗米を評価 東洋ライスを「エコ・ファースト企業」に認定一覧へ

 BG無洗米を販売している東洋ライス(株)は、8月7日、環境大臣から「エコ・ファースト企業」の認定を受けた。先進的・独創的で、かつ業界をリードするような事業活動を行っているトップランナー企業を認定するもので、米穀業界では初めて。同社の雜賀慶二社長は、「認定を励みに環境と健康によい金芽米を積極的にPRしたい」と意欲を燃やしている。

中川雅治環境大臣から認定を受ける雜賀社長 「エコ・ファースト企業」認定は、業界トップランナー企業による環境保全活動をさらに進めるため、環境省が2008年に設けた制度。企業が地球温暖化対策、廃棄物・リサイクル対策など、環境保全に関する取り組みを環境大臣に対して約束するもので、その内容が制度に合致する企業を認定する。
 同社が販売するBG無洗米は、米の表面の旨み層と胚芽の基底部である「金芽」を残す精米方法によって栄養と美味しさを両立させた健康志向の米で、業界に先駆けて商品化した。今回、環境大臣に提出した「エコ・ファーストの約束」は、(1)BG無洗米の普及を通じて環境負荷の低減に貢献する、(2)無洗米製造時の副産物(米ぬか)をリサイクル利用し、よりよい作物づくりに活用する、(3)自然環境の保護や生物多様性の保全のための環境教育を推進する、という内容。
 同社は「先進性・独自性・波及効果というエコファースト制度の規定に合致しており、社会に対する影響力が大きかったこと、さらに今後もその効果の拡大が期待できることが評価されたと考えている」としている。

 (写真)中川雅治環境大臣から認定を受ける雜賀社長

 

(関連記事)
史上初、たんぱく質を減らした「玄米ごはん」開発 東洋ライス(18.07.19)
「金芽ロウカット玄米」の食味が健康改善に効果 東洋ライス(18.06.29)
売上高は5.1%増の86億1600万円に 東洋ライス(18.06.01)
JA鳥取いなばが東洋ライス(株)と包括連携協定締結(18.04.23)
「世界最高米」事業をスタート 東洋ライス(18.01.29)
ANAファーストクラス機内食で金芽米を提供 東洋ライス(17.11.24)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ