米・麦・大豆 ニュース詳細

2018.10.29 
SBS輸入米 落札17%-第2回入札結果一覧へ

 農林水産省は10月26日、30年度第2回SBS輸入米の入札結果を公表した。

 契約予定数量2万5000tに対して4373tの落札にとどまり、落札率は17%となった。このうち米国産米は3422tが落札した。税込み売渡価格はうるち玄米短粒種1kg207円、うるち精米中粒種同182円となった。
 豪州産米は100tが落札。税込み売渡価格はうるち精米中粒種同183円となった。そのほか、タイ産米514t、中国産米(破精米)200t、インド産米137tが落札した。
 SBS輸入米の第1回入札では3100tの落札にとどまった。今のところ29年産米在庫があるため業界にはニーズは少なく低調な入札となっている。

 

(関連記事)
輸入小麦 SBS枠を新設-農水省(17.06.01)
SBS米は闇だらけ(16.10.11)
SBS輸入米 10万t全量落札-29年度(18.02.21)
SBS輸入米 2万5000t全量落札 第3回入札(17.12.21)
SBS米の闇(16.10.03)
SBS米のあきれた説明(16.10.05)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ