左カラム_農協協会90周年
Z-GIS左PC
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

SBS輸入米 2万5000t全量落札 第3回入札2017年12月21日

一覧へ

 農林水産省は12月20日、29年度第3回SBS(売買同時入札)輸入米の入札結果を公表した。第2回に続き契約予定数量の2万5000t全量が落札した。

 申込み数量は4万4000t。申込み件数は188件で116件が落札した。
 一般米は米国産が1万4413t落札。このうちうるち精米中粒種が1万1111tを占める。買入価格(税込、加重平均)は1t11万9862円。売渡価格(同)は21万4969円でマークアップ(差額)は95円となっている。11月に実施した第2回入札では米国産うるち精米中粒種のマークアップは103円だった。
 また、豪州産は8276tが落札。うるち精米中粒種は500t。買入価格は1t11万8800円、売渡価格は21万8160円でマークアップは99円となった。うるち精米短粒種が7088t落札した。買入価格は1t11万6068円、売渡価格は21万9838円となった。マークアップは103円となった。
 そのほかタイ産、中国産が落札した。
 SBS輸入米は輸入業者と国内の販売業者がペアで国の入札に参加する方式。国が輸入業者からの買い入れと販売業者への売り渡しを同時に行うが、業者間の実質的な直接取引。SBS方式による輸入枠は義務ではないが、「米に関する基本指針」で年に10万tの枠が設定されている。
 今年度は業務用米不足でSBS輸入による原料米手当てが進んでいるとされ、3回の輸入数量は7万4900tとなっている。かりに10万枠が全量落札する平成24年度以来となる。

 

(関連記事)
カルローズへの関心高める外食・中食業界(17.11.13)
木徳神糧(株) 三澤専務に聞く 29年産米の概算金と流通(17.09.22)
30年産問題ーどんなコメ「需要」に応えるのか?(17.08.07)
全国作況102の「やや良」-米穀データバンク(17.08.07)
【米生産・流通最前線2017】コメ業界 地殻変動は確実(17.04.19)
生産現場は不安だらけ 国会審議に不信募る【秋田県・JA秋田しんせい 畠山勝一代表理事組合長】(16.11.09)

最新の記事

シンジェンタSP

注目のテーマ

注目のテーマ

クミアイ化学右カラムSP

JAの現場から考える新たな食料・農業・農村基本計画

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

注目のタグ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

クローズアップ

JA人づくり研究会:SP

シリーズ

ニューロング:SP

特集

新世紀JA研究会:SP

解説・提言

農協研究会:SP
シンジェンタ右上縦長PC
DiSC右正方形1PC
住友化学住友化学右正方形2PC
JA共済連右横長1PC
JAバンク右横長1PC
JA人づくり研究会右横長1PC
ニューロング右横長1PC
新世紀JA研究会右横長1PC
農協研究会右横長1PC

注目の情報

最近よく読まれている記事

topへ戻る