Z-GIS左PC
第42回農協人文化賞
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA三井リース中央(1)SP

全国作況102の「やや良」-米穀データバンク2017年8月7日

一覧へ

 (株)米穀データバンクは8月4日、7月31日現在の29年産米の収穫予想を発表した。全国作況102の「やや良」と予想している。

 米穀データバンクによると水稲の作柄は6月中下旬の低温で生育が一部抑制されたが、5月と7月におおむね天候に恵まれたことから穂数と全もみ数は確保される見込みだ。
 7月上旬には九州北部豪雨で福岡、大分、島根で、下旬には秋田、新潟でそれぞれ記録的な大雨により水田への浸水・冠水が発生したが影響は限定的だという。
 こうした気象データを同社の作況推計プログラムに投入して予想したところ、全国作況は「102」のやや良と予想した。地帯別では北海道、東北、関東、北陸、近畿、四国が102の「やや良」、東海、中国、九州が100の「平年並み」、沖縄が97の「やや不良」が見込まれている。
 同社の主食用米の作付面積推計は137万7000ha。国が示した生産数量目標(735万t)に基づく換算面積は139万ha、需給均衡のために生産調整面積をさらに深掘りした自主的取組参考値では138万ha(733万t)となっており、同社の推計作付面積はそれらより少ない。
 ただ、この面積に予想作況「102」を勘案すると全国平均で10aあたり541kg、収穫量は745万1000tとなり、前年産の実績より4万5000t減となるが、生産数量目標比10万1000t増、自主的取組参考値比12万1000t増となる。
 この予想数量をもとに農水省作成の29/30年需要見通しを差し引くと、来年6月末の在庫量は191万7000tと見込まれる。今期比6万8000t減となるが、同社は米価上昇による消費減や、予定枠未達だったSBS輸入米の需要復活で「在庫増は上振れする可能性がある」と予想している。

(関連記事)

米の民間在庫 来年6月194万tの見込み-28年産作況「103」(16.10.31)

28年産 全国作況「103」-作付け面積は減少(16.10.03)

米穀データバンク 全国作況「100」と予想(16.08.08)

全国作況は「100」-27年産米(15.10.05)

【27年産米全国JA調査】 全国作況「100」の見込み 39道県126JAに聞く(15.09.11)

最新の記事

シンジェンタアファーム:SP

JA人事

ヤンマーSP

農協時論

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA全農・部長インタビュー:2021年度事業計画

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る