米・麦・大豆 ニュース詳細

2018.12.03 
「金芽米」継続摂取で便通改善 東洋ライス一覧へ

 東洋ライス(株)は、東京農業大学との臨床試験で「金芽米」を継続摂取することで便通が改善したことを9月5日の日本栄養改善学会で発表した。

東洋ライス 金芽米で便通改善(写真)1週間あたりの排便日数

 

 2013年5月以降実施された「金芽米」の継続摂取によるアンケート調査で、「便通がよくなった」との声が多くあがったことから、科学的に実証するため試験が行われた。
 対象は無作為に選んだ成人15名。食習慣を変えず米飯のみを金芽米に変更。その際1食あたり160グラム、1日あたり2食摂取。4週間後、普段の米飯に戻した。
 排便回数などのデータ収集以外に、試験開始前と2、4、6週間後に採便し腸内細菌検査を行った。
 結果、1週間あたりの排便日数は1~4週目まで緩やかに増加したが、金芽米摂取終了後は1週目に減少した。なお便通との関係が指摘されている腸内細菌群については変化がなかった。
 今回の実験について、東洋ライスは金芽米を継続摂取することで腸内細菌群の影響を介さずに便通が改善されたことが明らかになった、としている。

 

(関連記事)
金芽ロウカット玄米で脂質異常改善 東洋ライス(18.11.13)
米の内部組織の変化を発見 人の健康に寄与する可能性大ー東洋ライス(18.08.23)
JA鳥取いなばが東洋ライス(株)と包括連携協定締結(18.04.23)
「世界最高米」事業をスタート 東洋ライス(18.01.29)
ANAファーストクラス機内食で金芽米を提供 東洋ライス(17.11.24)
「金芽米」が第5回健康医療アワード受賞 日本健康医療学会(17.09.22)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ