米・麦・大豆 ニュース詳細

2019.01.25 
各生産者に適した水稲直播を提案  農研機構一覧へ

 農研機構東北農業研究センターは、2月28日までの間「直播選択ドットネット」を開設。いくつかの質問に答えると、おすすめの水稲直播技術が提案される。

 水稲直播 (通称:じかまき、種のまま田んぼに播く方法)には、多様な技術があるためどれが自分の田んぼに向くのか分からない、実行には多額の投資が必要な場合もあり、たやすく手が出せないという声が多かった。
 そこで農研機構は、解決策のひとつとして「直播選択ドットネット」を開設。注意事項を確認の上、アンケートに答えていくと代表的な6つの技術 (「プラウ耕グレーンドリル乾田直播」「不耕起V溝乾田直播」「カルパー直播」「鉄コーティング直播」「べんモリ直播」「無コーティング直播」)の中から、それぞれの米生産者に比較的対応した技術を提案する。
 詳しくは、直播選択ドットネットをご覧ください。

 

(関連記事)
新規水稲用除草剤「カウントダウン」販売開始 バイエルクロップサイエンス(19.01.10)
農機技術9課題の研究を開始 農研機構(18.10.22)
【2018年JAの米実態調査から】5年後も主食用生産量を維持  コスト抑制技術に高い期待感(3)(18.08.30)
【農協研究会・第3報告 需要に応じた生産へ】石山忠雄・JAえちご上越常務理事(18.05.28)
30年産の焦点になってきた輸出用米と加工用米(18.04.10)
乾田直播技術マニュアルを改訂(18.04.02)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ