米・麦・大豆 ニュース詳細

2019.02.20 
非常食に「飲めるごはん」 都内で試飲会実施 JA全中一覧へ

 JA全中は、2月21日(木)午前11時から、東京・大手町のJAビルでJA北大阪が開発した「農協の飲めるごはん」を配布する。

 インパクトのあるネーミングどおり、「農協の飲めるごはん」はアレルギー特定原材料27品目を使用していない米・小豆・ハト麦を主な原料とした飲料。開発元のJA北大阪は、阪神・淡路大震災の体験から災害時でも食べやすく、加熱加水が不要、子ども・高齢者が飲み込みやすいといった点を重視し考案した。また、穀物が沈殿しにくい特許製法が活かされ、程よい食感を残し長期保存(5年)ができるよう作られている。
 味のバリエーションは、日本人になじみの深い「梅・こんぶ」、海外の人にも人気の「シナモン」、子どもにも飲みやすい「ココア」の3種類。サンプルを配布するJAビル4階・ミノーレ(東京都千代田区大手町1-3-1)では、試飲会と6個1セットの商品販売も実施予定。
 開催は2月21日(木)午前11時から午後1時まで。

 

(関連記事)
大寒は甘酒と大根の白鍋で温まろう 農業・農村ギャラリー「ミノーレ」(19.01.10)
貴重なミニトマト「ルージュの宝石箱」販売 ミノーレ(19.01.09)
JAビル ミノーレで「魚沼産コシヒカリ」新米を試食・販売(18.11.01)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ