Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

カントリーエレベーター管理者、主任オペレーターの研修会開催 農倉基金2019年5月29日

一覧へ

 農業倉庫基金は、JAのカントリーエレベーター(CE)管理者と主任オペレーター、県連などの米穀集荷担当課長を対象に、CE管理者・主任オペレーター研修会を7月に開催。受講者を募集している。

 CEは、地域農業振興や稲作経営の基幹施設。米穀などの集荷拠点や販売における流通を合理化する基地としての役割をになっている。その一方で、稼働率の向上など施設運営の改善、品質事故防止や食品を扱う施設としての衛生管理の徹底や施設の老朽化対策、オペレーターの育成や確保といった課題も抱えている。
 農業倉庫基金では、こうした課題に対応するため、CEの管理者や主任オペレーションのための研修会を7月に大阪、福岡、仙台の各会場で開催する。
 対象者は、JAのCE管理者および主任オペレーター(実務経験が概ね4年以上のオペレーターを含む)、県連等米穀集荷担当課長と研修に参加することが適当であると主催者が認めた者。受講料は1人1万6000円。定員は各会場50人。
 受講希望者は、申込書に必要事項を記入の上、各県連、県農協、全農県本部に提出する。

 

【開催日程】
○大阪:7月4日~5日
○福岡:7月11日~12日
○仙台:7月18日~19日

 

【開催場所】
○大阪:ニューオオサカホテル(大阪市淀川区)
○福岡:アークホテルロイヤル福岡天神(福岡市中央区)
○仙台:江陽グランドホテル(仙台市青葉区)

 

【研修内容】
○1日目
・CEの衛生管理「消費者に見せられますかその施設」
・これだけは知っておきたい管理者の役割
・品質事故防止マニュアルを活用しよう!
・サイロ冷却装置の効果と安全な使い方
・品質事故はなぜ起きたのか「事故原因と対策」
・事故事例に学ぶ「火災事故と人身事故」
・上級オペレーター認定制度について
○2日目
・映像で学ぶ「CEの運営体制づくり」
・分科会(テーマ別グループ討議・意見交換)
・分科会発表、全体質疑
・農業倉庫基金の概要と補償の内容
※いずれも1日目の午前10時受付、解散は2日目の昼食後

 

【受講料】
1人当たり1万6000円(1日目の宿泊費含む、宿泊しない場合も同額)

 

【受講申し込み・お問い合わせ】
農業倉庫基金
○電話:03-3295-8751

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る