米・麦・大豆 ニュース詳細

2020.03.11 
輸入小麦の政府売渡価格 3.1%引き上げ-農水省一覧へ

 農林水産省は3月11日、令和2年4月期の輸入小麦の政府売渡価格を決定した。令和元年10月期にくらべて3.1%の引き上げとなる。

 政府売渡価格は5銘柄加重平均(税込価格)で5万1420円/tとする。元年10月期は同4万9890円だった。

 シカゴ商品取引所の小麦相場は昨年9月以降の寒波による米国産小麦の作付けへの影響懸念や、今年1月以降豪州での乾燥による減産見通しなどの要因で令和2年4月期の算定期間の平均価格は前期より上昇した。

 前期算定期間は平均4.8ドル/ブッシェルだったが、今期(令和元年9月第2週~令和2年3月第1週)は5.3ドル/ブッシェルとなった。

 海上運賃は燃料油価格の影響で上昇し、前期の平均45ドル/tに対し46ドル/tとなった。為替はほぼ同じ平均110円/ドルで推移した。

 農水省によると今回の価格引き上げが消費生活に与える影響は限定的で、消費者物価指数には+0.003%程度だという。

 なお、日米貿易協定とTPP11協定に基づき、米国、カナダ、豪州産小麦についてマークアップが引き下げられている。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ