左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
2・PC:朝日アグリア・エコレット
FMCセンターSP:ベネビア®OD

青森の「はれわたり」など参考3品種が「特A」 本格デビューへ弾み 4年産米の食味ランキング2023年3月1日

一覧へ

2月28日に公表された令和4年産米の食味ランキングで、今後各県で期待される参考品種として食味試験が行われた産地品種のうち、青森の「はれわたり」と秋田の「サキホコレ」、大分の「なつほのか」の3品種が特Aの評価を得た。産地では「本格デビューへ弾みになる」と今年の作付けへの期待が高まっている。

食味ランキング 青森県ハレワタリ特A.jpg「はれわたり」などの特A評価を祝う青森県の三村申吾知事(左)ら

日本穀物検定協会の米の食味ランキングでは、作付面積などが対象基準を満たさないものの、今後各道府県の主力品種として期待される参考品種について食味試験が行われており、今回は5つの産地品種が対象となった。
その結果、青森の「はれわたり」と秋田の「サキホコレ」、大分の「なつほのか」の3産地品種が特Aの評価を得た。秋田の「サキホコレ」は令和3年産米に続いて2年連続で特Aとなった。

このうち青森の「はれわたり」は、今年本格デビューを目指す青森県産の新品種。「コシヒカリ」と「ひとめぼれ」をルーツにもつ、冷めてもおいしいもっちりとした食感が特徴。食味ランキングで今回も含めて8年連続で特Aにランクされた「青天の霹靂」と同様、青森県産米としての成長が期待されている。

青森県によると、昨年は85haで作付けされ、県内でプレデビューとして販売された。今年は約2000haで作付けされる見通しで、全国への本格デビューとなる。三村申吾知事は2月28日、記者会見を開いて、「青森の生産者はやっぱりすごい。ありがとうございました」などと喜びを語った。

産地からも本格デビューへ弾みになると喜びの声が上がっている。県内でも作付けの多いJA津軽みらい管内では、今年は130経営体で約214haで作付けされる計画だ。「はれわたり」の普及指導にあたる同JA営農課の佐藤誉士さんは「『はれわたり』は栽培しやすいうえおいしい米になると農家の評判もよく、特A評価で来年以降もさらに作付け希望が増えると予想されます。青森県米のブランド力強化にもなりますし、JAとしても栽培管理は販売の方法をさらに考えていきたいと思います」と話している。

「特A」は40点で2つ減 令和4年産米の食味ランキング 品種別で「にこまる」が健闘

重要な記事

シンジェンタ ミネクトコネクト SP 231101

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る