人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
イソクラスト_フロアブル_SP
日本曹達 231012 PC
FMCセンターSP:ベネビア®OD

減農薬・減肥料米に「金芽米」導入 新ブランドおかき「釜処 桝恵美」発売 東あられ本鋪2023年12月15日

一覧へ

米菓を製造・販売する株式会社東あられ本鋪(東京都墨田区)は12月1日、新ブランド「釜処 桝恵美」を発売。東洋ライスの特許技術である「金芽米」をおかきに使い、業界初の減農薬・減肥料もち米で作った「金芽米おかき」となった。

減農薬・減肥料米に「金芽米」導入 新ブランドおかき「釜処 桝恵美」発売 東あられ本鋪

東あられは、使用材料にもこだわり2019年からは従来に比べ農薬・化学肥料を50%削減した「特別栽培もち米」を山形県の契約農家に依頼している。そんなこだわりの詰まった米を使っておかきを作れないかと考え、おかきの語源である「神様の祝福が詰まった食べ物の分配」に注目。「より美味しく、より健康に」をコンセプトに商品づくりを始め、米の栄養素を最大限に活かすために、東洋ライスの特許技術である「金芽米」を導入した。

「桝恵美のおか㐂 紡ぐ -60袋入-」(6480円・税込)「桝恵美のおか㐂 紡ぐ -60袋入-」(6480円・税込)

「桝恵美のおかき」は、米の栄養と旨み成分を残した精米方法である「金芽米」を、東あられの減農薬・減肥料の特別栽培もち米の精米に採用し、減農薬・減肥料もち米の金芽米おかきとして米菓業界で初めて取り入れた。金芽米は胚芽の基底部「金芽」と、米の栄養と旨み成分が含まれる「亜糊粉層(あこふんそう)」を残した美味しい無洗米。また、おかきの原料となる米は、山形県中山町の契約農家で栽培されたもち米「ヒメノモチ」のみの金芽米を使用している。

製造方法にもこだわり、自社で米を餅にするところから始まる。1度に搗く量を従来の7割程度に減らすことで、より粘りと旨みのある生地に仕上がる。また、焼き方にもこだわり、職人の熟練の技により余熱、浮かし、芯抜き、色付けと4つの箇所で火を調整。外側は香ばしくサクッと、内側はホロっとくちどけの良い食感に仕上がる。

さらに、食品成分分析の結果、桝恵美のおかきは市販されている他社のおかきと比べ、旨味成分を多く含んでいることが判明。これは、原料となる米に減農薬・減肥料の山形県産ヒメノモチを使用していること、さらに特別な精米方法である金芽米加工により、タンパク質・アミノ酸が多く含まれることに起因する。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る