人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
FMCセンターSP:ベネビア®OD

千葉県のチーバくんデザイン「ICHI-GO-CAN」数量限定で新発売 Agnavi2024年2月5日

一覧へ

日本酒ブランド「ICHI-GO-CAN」を展開するAgnaviは2月9日、千葉県誕生150年を記念して作られた千葉県のキャラクター「チーバくん」のロゴデザインを活用し、千葉の銘酒『甲子』のICHI-GO-CAN「チーバくん純米酒 一合缶」(624円・税込)を新発売。数量限定でJR東日本クロスステーションが運営する「NewDays」で販売する。

千葉県のチーバくんデザイン「ICHI-GO-CAN」数量限定で新発売 Agnavi.png

千葉で300年以上続く老舗蔵元の飯沼本家と作るICHI-GO-CAN「チーバくん純米酒 一合缶」は、酒々井町と八街市で契約栽培している酒米「五百万石」を100%使用。地下水を仕込水として米と米麹のみで仕込んだ純米酒で、米本来の旨味を生かしたまろやかな口当たりと、コクのあるしっかりとした味わいを楽しめる。

同商品は、飯沼本家のほか、酒類・食品の総合商社の千葉県酒類販売、「NewDays」を運営するJR東日本クロスステーションと、商業施設「PERIE」(ペリエ)を運営する千葉ステーションビルとの連携で、「千産千消」とSDGsを意識した取り組みとして発売される。

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る