人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー:FMC221007SP
FMCセンターPC:ベネビア®OD
日本曹達 231012 SP

フレッシュな味わいの「春酒」日本の酒情報館で提供中 日本酒造組合中央会2024年3月21日

一覧へ

全国約1700の酒類メーカーが所属する日本酒造組合中央会が企画・運営する東京・西新橋にある「日本の酒情報館」は、「春酒(はるざけ)」をテーマにした日本酒のラインアップを用意。"國酒"の魅力に直接触れて知ることができる情報館で春たけなわのラベルデザインとフレッシュな味わいの「春酒」を提供している。

フレッシュな味わいの「春酒」日本の酒情報館で提供中 日本酒造組合中央会

情報館では、春のうららかな日差しと、花々の新たな芽吹きを愛でながら楽しめる「春酒」を12種類揃え、来館者に紹介している。多くの酒蔵は、秋に収穫した新米を使って気温の低い冬の間に酒を仕込むため、その年に造られた様々なタイプのお酒が揃うのが春の季節。

しぼりたての新酒には、この季節の酒にしか味わえないフレッシュで爽やかな味わいが満ちている。最近は、桜をイメージしたピンクの色合いを主体とした春たけなわのラベルデザインで、新酒らしいフレッシュなお酒を「春酒」と名付け、桜が咲く季節に楽しめる日本酒として年々定着。

「春酒」には、春めく季節を楽しんでもらいたいという酒蔵の願いが込められている。情報館セレクトの「春酒」はなくなり次第終了。開館時間は平日10:00~18:00。

「春酒」提供例※価格はいずれも税込(容量は720ml)

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る