人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

米粉麺の普及推進 SNS活用で情報発信強化 米粉ねっと2024年5月28日

一覧へ

NPO法人国内産米粉促進ネットワーク(略称:米粉ねっと)は5月9日に通常総会を開き2024年度事業計画を決めた。今年度はSNSの活用による情報発信や米粉麺の普及推進などに力を入れる。

米粉ねっとは2008年に設立し16年目を迎えた。

萩田敏理事長は、食料安保への関心の高まりや小麦など国際穀物価格の高騰、グルテンフリー食品など健康意識の高まりなど「米粉へ関心が高まっている」と指摘するとともに、米粉麺の製造技術も向上し、ラーメン、焼きそば、各種パスタ、フォーやビーフンなどの加工も可能になっているとして、今年度は「米粉麺の健康面や環境面での利点を訴求し需要を喚起する取り組みを行う」とあいさつ、関係業者や消費者などと連携し、「米粉麺の普及を推進することで日本の食料自給率向上と新しい食文化の創造につなげていきたい」と述べた。

消費者ニーズに合わせた新しい米粉麺商品の開発の推進と、米粉麺の食感や風味を活かした魅力的なレシピの提案などを行っていく。

このほか、今年度は▽米粉関連の相談窓口(infoメール)の充実、▽SNSによる米粉情報の発信、▽米粉の用途別基準の見直し検討、▽FABEX東京「米粉パビリオン」への参加、▽米粉料理教室の実施などを重点事項とする。

また、総会では役員を選任した。

〈2024年度理事等〉(敬称略)
▽理事長:萩田敏

▽副理事長:高橋雅彦

▽専務理事:横田祥

▽常任理事:菊池順子

▽同:小谷あゆみ

▽同:中村いづみ

▽理事:佐藤正志

▽同:高橋仙一郎

▽同:堤公博

▽同:富田孝好

▽同:丸山清明

▽同:向畑宣秀

▽監事:折田浩

▽同:青木輝光

▽顧問:髙橋正郎

▽同:島田圭一郎

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る