人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
240401・ニッソーグリーン マスタピース水和剤SP
日本曹達 231012 PC
FMCプレバソンSP

お米で日本を元気にするプロジェクト始動「第1回フォーラム・シンポジウム」開催2024年6月18日

一覧へ

(一社)日本健康食育協会と(公財)日本ヘルスケア協会・プラネタリーヘルスイニシアティブ(PHI)は共同で、「日本をお米で元気にするプロジェクト」を開始。7月7日に「第1回フォーラム・シンポジウム」を開催する。

日本人の健康長寿に米食を基本とした日常的な和食が大きな役割をはたしていることが近年の研究で明らかになるなど、「ごはん食」を中心とした日常的な和食の価値が世界から注目されている。

また、日本の水田稲作は土壌劣化を起こしにくいサステナブルな農法としてSDGs的価値、持続可能性があらためて評価され、食料安全保障の観点からも「ごはん食」を守ることが不可欠。一方で、米の消費の減少傾向が続き、行き過ぎた糖質制限ブームなどで米を忌避する傾向もある。

同プロジェクトでは、ごはん食」が持っている健康価値、サステナビリティなど多面的な価値を世界に向けて発信。同時に日本人の健康を「ごはん食」を通じて推進し、稲作を基盤とした地域の活性化・保全活動を展開する。

第1回フォーラム・シンポジウムは、「ごはん食が守るあなたのカラダ、地球のミライ 〜知らないと損する糖質との付き合い方〜」をテーマに日比谷図書文化館(大ホール)で開催。京都大学名誉教授の森谷敏夫氏による基調講演「体脂肪を増やし筋肉落とす糖質オフのリスク!〜ダイエットと血糖コントロールの危険な関係〜」と、日本健康食育協会代表理事の柏原ゆきよ氏による特別講演「ごはんを食べずに太る人、山盛りごはんで痩せる人〜食べ方でこんなに変わる心と身体〜」を実施する。

京都大学名誉教授 森谷敏夫氏・日本健康食育協会代表理事 柏原ゆきよ氏京都大学名誉教授 森谷敏夫氏・日本健康食育協会代表理事 柏原ゆきよ氏

◎開催概要
日時:7月7日 13:00~16:30 (開場:12:30)
会場:日比谷図書文化館(大ホール)zoomウェビナーオンライン同時配信
参加費:会場参加 3300円(資料・お土産代含む)オンライン参加 2200円(税込)

主催:(一社)日本健康食育協会、(公財)日本ヘルスケア協会・プラネタリーヘルス・イニシアティブ(PHI)
後援:匝瑳市、(一社)次世代FVC研究所他

重要な記事

日本曹達_ナブ乳剤_SP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る