人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

AI活用し水田の水管理の最適化へ J-クレジットの申請にデータ活用目指す NTTデータ2024年7月5日

一覧へ

株式会社エヌ・ティ・ティ・データCCS(東京都品川区)と株式会社笑農和(富山県滑川市)は、水稲生産者向けにpaditchとGrowth eyeが連携した新機能を7月3日にリリースした。水田の水管理を自動化するpaditchシステムとGrowth eyeの”AI茎数判別”機能が連携し中干しの最適化や高度な水管理、また大幅な作業負担の軽減が期待できる。

AI活用し水田の水管理の最適化へ J-クレジットの申請にデータ活用目指す NTTデータ水田の水管理を自動化するpaditchシステム

paditchシステムはスマホ・タブレット・PCを使用して、水田における水管理の遠隔化・自動化を実現する製品。自動化の分野において気象データ・各種センサー情報・栽培履歴等を駆使し水管理の遠隔化・自動化を図る。笑農和がシステムサービスを提供しており、2024年5月現在で全国に1455台が導入されている。

Growth eyeはスマートフォンで撮影した画像から、AIが茎数を判定するアプリケーション。茎数を把握することは中干し開始時期の最適化等の判断材料となるため、水田の水管理システムとの親和性が高い。

このたび両システムの連携により、水田の水管理を自動化するpaditchシステムは、Growth eyeの"AI茎数判別"機能と連携し中干しの最適化等、高度な水管理を可能にする。Growth eyeは、paditchシステムと連携することで、いままで時間的・肉体的負担となっていた水門の開閉作業・茎数の確認作業を大幅に軽減することが可能となる。 また、paditchシステムに、ほ場情報を表示することにより生育状況の把握・水管理の実施を一元化することも可能となった。

Growth eye茎数判別機能Growth eye茎数判別機能

連携により今後、水管理の作業履歴はpaditchシステムに蓄積される。今後は、蓄積したデータをJ-クレジットの申請へ活用することで、水稲生産者が各種手続きを意識することなく、通常の農作業に集中できる状態を目指していく。

【PR】

RISOCARE リゾケア シンジェンタジャパン株式会社
RISOCARE リゾケア シンジェンタジャパン株式会社

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る