Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

米:CE品質事故防止強化月間

事故防止は「基本に忠実な行動」から(下) 現地ルポ・JA会津よつば2016年8月10日

一覧へ

品質を守り生産者の所得を確保
現地ルポ・JA会津よつば(坂下CE・福島県)

◆「雑草稲」と「着色粒」に注意

左からJA会津よつば米穀部検査施設課斎藤勝則課長、みどり地区本部地域農業振興課筒井秀課長、坂下営農経済センター営農課水野美佐さん、内川淳一主任、鈴木義之さん、湯浅幸貴さん、 同CEで品質事故防止対策について実行していることは、まず「生籾の荷受検査」だという。荷受にあたっては「乾燥設備作業主任者」の資格を持つJA職員が10人おり、「その職員を含めて当番制であたっている」と同JA米穀部検査施設課の斎藤勝則課長。その時に一番注意するのが「雑草稲」と「着色粒」だ。
 古代米などを含む雑草稲については、ほ場をよく見回り、発見したら必ず手抜きをすること。そして収穫後には必ず反転耕耘することを指導している。
 これを3年繰り返せば、ほぼ雑草稲はなくなるという。
 カメムシによる「着色粒」は、予察情報などをきめ細かく流し防除するように伝えているが、多い時で8000袋、昨年も2000袋の被害があった。
 着色粒が混じれば米のランクが下がり、生産者の所得が下がる。JAでは「米の品質を高めることは、生産者の所得確保・向上につながるので、高額だが機能性に優れた色彩選別機を2機導入」したと長谷川専務。
 だが、色彩選別機で選別し、品質を確保するためには、利用料金が生産者の負担になる。
 ある地区で着色粒が多いので、色彩選別機で選別し、一定量の1等米を確保したことがあった。「そのための費用の総額はヘリで共同防除するのとほぼ同じだった」という。それなら、共同防除する方が「1等米の量も多く確保でき、収入増にもなる」と、いまでは共同防除している例もある。
 カメムシ防除は、個々のほ場ごとに実施しても、効果は薄い。「地区ごとに共同防除してもらうことが一番だ」と内川主任。


◆現場作業にはスマホを必ず携行

JA会津よつば 長谷川専務 CEでの受入後の品質事故防止の要は「穀温管理」だ。坂下CEでは、秋から冬、冬から春へなど、季節に合わせた穀温管理を徹底することで「焼け米」などの品質事故防止に努めている。
 また、サイロへの転落などの人身事故を防止するために、点検や作業でサイロなどのある現場に行くときには、必ず「○○をするために、どこどこへ行きます」と報告してから行動することと、スマホを必ず携行することを徹底している。
 スマホは連絡確認だけではなく、現場の状況を動画撮影してすぐ送信することで、的確な指示や対応が即時にできるからだ。これもいまの時代に合わせた事故対策だといえる。
 そのうえで内川主任は「品質事故の防止は、基本(マニュアル)に忠実に行動することです」と言い切った。そのことをCEでの仕事に関わるすべての人たちに徹底している。

  ×  ×  ×

 内川主任は全国JACE協議会が実施している上級オペレーターの資格を福島県で唯一取得している(今年県内で2名合格したが)という全国でもトップクラスの優秀なオペレーターだ。だが、内川主任をそこまで押し上げたのは、米どころのJAとして、品質の高い米を生産・販売するためにCEの役割をきちんと理解し、現場の人たちを大切にしてきたJAの経営者や組合員が会津にはたくさんいるということではないだろうか。

(写真)左からJA会津よつば米穀部検査施設課斎藤勝則課長、みどり地区本部地域農業振興課筒井秀課長、坂下営農経済センター営農課水野美佐さん、内川淳一主任、鈴木義之さん、湯浅幸貴さん、JA会津よつば 長谷川専務


・事故防止は「基本に忠実な行動」から (上) (下)

(CE事故防止月間2016の記事)
乾燥能力に応じた計画的な荷受けとオペレーターの適正な人員配置で品質事故防止を

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る