人事2024 左バナー 
JA全農人事情報
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
FMCベリマークSC:(SP)ヘッダー
FMCセンターPC:ベネビア®OD
日本曹達 231012 SP

米:農業倉庫 火災・盗難防止強化月間2023

【農業倉庫 火災・盗難防止強化月間2023】防災、防犯の徹底を 農業倉庫基金長瀬仁人理事長2023年12月1日

一覧へ

公益財団法人農業倉庫基金理事長 長瀬仁人氏農業倉庫基金理事長
長瀬仁人氏

平素、当基金の事業にご支援、ご協力をたまわり、厚くお礼申し上げます。

当基金では、令和5年11月15日から令和6年1月31日までを、「農業倉庫火災・盗難防止強化月間」に設定し、JA全農と連携して、施設の防災防犯の徹底を図る運動を展開しているところです。

当基金では、前年度に2件のカントリーエレベーターの火災事故に対して損害補償金を支出させていただきましたが、うち1件は被害規模が大きかったため火災事故として過去最大の補償額となりました。直接火を扱うカントリーエレベーターやライスセンターでは、毎年どこかで火災事故が発生している状況です。一方で、直接火を扱うことがない農業倉庫でも、老朽化による漏電や壊れたベアリングの摩擦熱、工事の火花が原因で火災事故が発生しています。最近では、使用済みの燻蒸剤の残さが発火したなどの話も聞いています。不幸にして農業倉庫で火災事故が発生すれば被害額も大きくなるので、倉庫前室には灯油等危険物を置かず、倉庫周りの整理や清掃を徹底し、火災警報設備や消火設備は定期的に点検して、万が一の時に使用できるようにしておくことが重要です。

また、近年は産地での農産物盗難が増加傾向にあり、農林水産省も盗難防止対策を呼びかけています。農林水産省の調査によれば、ほ場での盗難が中心ですが、倉庫等で保管中の盗難もあるようです。農業倉庫は日中でも常駐者がいないケースが多いため、防犯カメラや防犯灯を設置するとともに、定期的に見回りすることが重要です。あわせて見回りの際には台帳在庫と現物在庫が一致しているか確認することも必要です。

大切な米麦の保管管理に万全を期すためにも、役職員の防災防犯体制を再度ご確認いただき、この強化月間の期間中に、火災と盗難防止に重点をおいた施設の巡回点検をよろしくお願い申し上げます。

(関連記事)
持続的な食の安定供給へ 農業倉庫の重要性さらに JA全農にいがた・新潟米広域出荷施設 田上倉庫【農業倉庫 火災・盗難防止強化月間2023】(23.12.1)

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

DiSC:SP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る