Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
BASFヘッドSP:プリンスベイト
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAしべちゃ、雪印種苗、標茶町が生産法人設立2013年6月11日

一覧へ

 北海道釧路地方のJAしべちゃ(標茶町農業協同組合)、標茶町と雪印種苗(株)の3者は、町内に酪農専業の農業生産法人を設立する。6月7日に3者が合意した。

 新たな生産法人は、自給飼料を中心とした草地型酪農で低コスト型経営を実現し、その営農技術などを地域組合員に普及するのが目的。
 JAしべちゃでは、「TPPや、配合飼料価格高騰などの問題があるなか、離農者の増加や出荷乳量減少に歯止めをかけるため、地域のモデルとなる生産法人を設立したい」(営農部)としており、こうしたJAのねらいと、草地管理技術や乳業の生産性向上などの研究開発をすすめる雪印種苗、農業者の所得向上を図りたい標茶町の3者の思惑が一致した。
 JA、メーカー、行政の3者が連携して酪農の生産法人を設立した例は北海道では初めて。全国的にもほとんど例がない。
 資本金は9500万円。出資比率はJAしべちゃ65%、雪印種苗24.95%、標茶町9.95%、その他0.1%。規模は草地面積200ha、経産牛の飼養頭数は約250頭。平成27年春の搾乳開始をめざす。法人の名称は今後、公募する予定。


(関連記事)

目標数量2万7000トン下回る 中央酪農会議(2013.05.31)

生乳生産量上期見通しを下方修正 Jミルク(2013.05.24)

【TPPで農業はどうなる?】TPPと北海道農業と日本の食料のゆくえ(2013.03.29)

【JA全農・酪農部特集】酪農家の意欲につながる取り組みを強化  JA全農・宮崎幹生酪農部長に聞く(2012.12.26)

25年度の生乳計画生産対策決める  中央酪農会議(2012.12.14)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る