肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2014.04.10 
雪メグ京都工場が生乳検査施設認証取得一覧へ

 Jミルクは4月1日付で、新たに1施設を生乳検査施設として認証した。

 これは、生乳の取引・配分などすべての生乳検査や検体採取が適正な精度管理下で行われていることを証明するもの。平成22年に発足した生乳検査精度管理認証制度により、Jミルクが実施している。認証期間は3年間。
 今回、新たに雪印メグミルク京都工場が、生乳検査施設の認証を得た。これで認証取得施設は50件となった。
 また、今回更新期を迎えた下記の6施設についても、認証の更新を行った。

○生乳検査施設(5件)
▽熊本乳業(株)
▽タカナシ乳業(株)横浜工場
▽森永乳業(株)中京工場
▽雪印メグミルク(株)福岡工場
▽東北森永乳業(株)仙台工場

○検体採取施設(1件)
▽中国生乳販売農業協同組合連合会


(関連記事)

牛乳生産量0.6%増 2月の牛乳乳製品統計(2014.04.03)

牛乳乳製品工場減る 農水省調べ(2014.03.28)

飲用牛乳向けが0.7%増 2月の販売乳量(2014.03.18)

生乳生産量2.8%減 1月の牛乳乳製品統計(2014.02.27)

1月の販売乳量、2.6%減 中央酪農会議(2014.02.27)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ