Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

大規模牧場向け 牛用混合飼料「ルミナップM」2014年9月12日

一覧へ

カシューナッツ殻液でルーメン機能改善

 配合飼料に混ぜたり、そのまま給餌するだけで牛のルーメン(第1胃)機能を正常に保つことができる出光の「ルミナップ」シリーズ。10月1日から新グレードの「M」を発売することが決まった。

粉末タイプの「ルミナップM」 家畜牛は自然状態では食べることのない濃厚飼料を給餌されているため、常にルーメンを酷使している状態にある。そのため、ルーメンの異常は、いわば家畜牛の“職業病”と言われるほど頻繁に起きる病気だ。
 出光は、ルーメン内の細菌バランスを整え、エネルギー源となる揮発性脂肪酸の産生を増やす効果のある天然由来成分「カシューナッツ殻油(からゆ)」を利用し、食べさせるだけでルーメン機能を正常に保つ「ルミナップTB」を2011年に発売した。これまで、ペレットタイプで飼料に混ぜる「P」、ゲル状でカシューナッツ殻油成分量を増やした「GL」を発売してきたが、今回、4つめのグレードとして粉末状の「M」を開発した。
 粉末にしたことで、より配合飼料と混ぜやすくなっているほか、製造法を見直しカシューナッツ殻油の濃度を高めたのでコストパフォーマンスも高めている。とくに大規模牧場での使用に最適だとしている。1日に牛1頭あたり10?40g程度を混ぜて給与することで、抗生物質に頼らない安全・安心な畜産物の生産が期待できる、という。
 包装は20kg紙袋。販売は共立製薬を通じて全国のJA、酪農協、動物用医薬品販売店などで販売される予定だ。

(写真)
粉末タイプの「ルミナップM」

 

(関連記事)

【時の人 話題の組織】荒井裕治・出光興産(株)執行役員、アグリバイオ事業部長 効率化・省力化で農家経営に貢献(2014.04.03)

天敵製剤の情報サイトオープン 出光(2014.03.12)

キャッサバパルプからエタノールを製造 出光(2013.10.31)

牛の「万病のもと」いかに防ぐか  夏場の飼養管理対策(2012.07.02)

日本初、カシューナッツオイルを使った混合飼料を発売  出光興産(2011.11.04)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る