栽培技術 ニュース詳細

2013.10.31 
キャッサバパルプからエタノールを製造 出光一覧へ

 出光興産は10月28日、キャッサバからタピオカスターチ(でん粉)を製造する際の残さ(キャッサバパルプ)を使ってエタノールを製造する技術を実証するため、タイ国内にパイロットプラントを建設し、運転を開始したと発表した。

 同社は、東南アジアで再生可能エネルギーとして有望なバイオ燃料事業への取り組みを進めている。その一環として、タイ最大のスターチメーカーであるサングァン・ウォンセ・インダストリーズ社(SWI社)の工場敷地内にパイロットプラントを建設。このたび、SWI社の協力を得て、技術実証のための運転を開始した。
 今回、開発に成功したプロセスは、原料であるキャッサバパルプの特別な前処理を行わず、また発酵槽での撹拌を行わないことが特徴で、低コストでのバイオエタノール製造が可能になる。
 この技術は、(独法)国際農林水産業研究センター、タイ・カセサート大学農業・農芸品改良研究所、出光興産が共同開発したもの。
 今後は、パイロットプラントで技術の実証を行ったあと、プロセスデータの採取を行い商業化をめざす。

タイのプラントのようす 外観 タイのプラントのようす 内部

(写真)
タイのプラントのようす。(左から)プラントの外観、内部


(関連記事)

タフブロックなど 出光の微生物農薬が表彰(2013.07.18)

高知で木質バイオマス発電所設立 出光など(2013.01.29)

SDSを連結子会社に 化学農薬の開発めざし  出光興産(2011.05.11)

微生物農薬などの販売権 7月から出光興産に譲渡  セントラル硝子(2011.06.02)

特別栽培に最適!水稲種子消毒用の微生物農薬 「タフブロック」(2009.11.04)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ