想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

「国産ナチュラルチーズ生産者の会」設立2014年11月12日

一覧へ

 国産ナチュラルチーズの生産技術向上、販路拡大などを目的に、生産者有志が集まり「日本チーズ生産者の会」が設立された。現在、新規会員を募集している。

 ナチュラルチーズの生産者数は近年増加傾向にある。そこで、宮城県の蔵王酪農センターなど全国の6つの生産者が発起人となり10月30日、生産振興や、国内酪農業の発展をめざした生産者の会を設立した。
 この会は、サイボウズ社提供のソーシャルネットワークサービス「サイボウズLive」の管理運営を通じて、[1]生産者などを対象にした研修会の開催、[2]生産振興のための情報発信・交換、[3]その他の活動、を行っていく。
 現在、新会員を募集中。会員資格は、会の趣旨に賛同する生産者、または生産を志す人で、入会金・会費などはなし。問い合わせ・申し込みは、中央酪農会議内の事務局(TEL:03-6688-9841、FAX:03-6681-5295、Eメール)まで。

 「日本チーズ生産者の会」設立発起人は、次の通り(敬称略)。

▽共働学舎新得農場・宮嶋望(北海道)
▽蔵王酪農センター(宮城県)
▽那須高原今牧場チーズ工房・高橋雄幸(栃木県)
▽手作りチーズ工房知久牧場・知久久利子(千葉県)
▽山田牧場・山田保高(滋賀県)
▽うらけん由布院チーズ工房・浦田健治郎(大分県)


(関連記事)

脱脂粉乳・バター用は8.8%減 9月の販売乳量(2014.10.17)

最優秀賞に秋田の柴田さん 全農酪農体験発表会(2014.09.16)

11月、恵比寿でチーズフェスタ(2014.09.03)

「さけるチーズ」値上げ 雪印メグミルク(2014.09.02)

モンゴルとのEPA 大筋合意(2014.07.23)

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る