想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

牛乳でロコモ予防 Jミルク2014年11月14日

一覧へ

 一般社団法人Jミルクは、牛乳・乳製品の機能性などを紹介するリーフレットを随時制作し、ホームページで公開している。11月5日には「ロコモ予防」をテーマにしたリーフレットを公開した。

nous1411140701.jpg タイトルは「骨と筋肉を強くしよう ロコモ予防は毎日の牛乳から」。
 運動機能の低下により要介護の状態になったり寝たきりになることや、そのリスクが高い状態の高齢者を「ロコモ(ロコモティブシンドローム)」と呼び、大きな問題となっている。現代日本では、40代以上の5人に4人がロコモ予備軍とも言われており、この対策が求められている。
 今回Jミルクが作成したリーフレットでは、牛乳を毎日摂ることで骨と筋肉が強くなることを紹介。牛乳摂取が、手軽に始められるロコモ予防だとして、その効果を解説している。
 リーフレットはJミルクホームページ内の「便利ツール」からダウンロードできる。

 

(関連記事)

牛乳と死亡・骨折リスクの関連 Jミルクが見解(2014.11.12)

牛乳の異臭騒ぎ Jミルクが理解訴え冊子作る(2014.10.15)

牛乳飲んでお腹ゴロゴロはなぜ? Jミルク(2014.09.25)

「乳和食」のヘルシー弁当発売 9月1日から(2014.08.20)

「和食と乳の研究会」設立 Jミルク(2014.08.18)

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る