想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCSP2
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

エサ米給餌量19kgから39.6kgに 生活クラブの豚2015年1月16日

一覧へ

 生活クラブ生協連は、飼料用米を給餌した「こめ育ち豚」(平田牧場の平牧三元豚)を供給しているが、今年2月出荷分から飼料用米の給餌率をアップすることにした。

飼料用米で育てられている豚◆飼料用米で育てられている豚

 現在、平田牧場では「こめ育ち豚」の肥育後期に与えるエサに10%の飼料用米を配合しているが、この2月出荷分から、肥育前期10%・肥育後期15%(平牧金華豚では肥育後期20%)にアップする。
 このことで、1頭当たりの飼料用米給餌量は19kgから39.6kgに2倍強増加することになり「自給率が向上する」と生活クラブではコメントしている。
 生活クラブと平田牧場では、1996年に肥育後期に飼料用米3%の給餌を開始し、2005年から08年にかけて10%から60%までの給餌試験を行い検証。その結果もとに給餌率の拡大は可能と判断している。

◆給餌量73.5kgの試験飼育も

 生活クラブでは、今後さらに飼料用米の生産・利用を拡大し、飼料自給率の向上をめざして、肥育前期15%・肥育後期30%、1頭当たり約73.5kgの米を給餌する試験飼養を始める。試験中の肥育豚は5月以降に通常の肥育豚と一緒に出荷する予定にしている。
 生活クラブ向け平牧三元豚は200日肥育で生涯約365kgの飼料消費量なので、飼料用米消費量73.5kgは約20.1%ということになる。
 飼料用米の給餌量を増やした豚肉の食味については、理化学分析では脂肪融点が下がって口の中で溶けやすくなったという結果が出ており、同生協消費委員会の試食では「変わらず美味しい」「コクを感じた」「旨味、甘みが増した」という声があったという。
 飼料用給餌量を増やすことができのは、2014年度から「経営所得安定対策」に替わり「水田活用直接交付金」に変更され、最大10万5000円/10aの補助金となり、作付面積及び生産量が大幅に増えたことによる。平田牧場向け各産地(J庄内みどり、JA加美よつば、栃木県開拓農協)の14年産飼料用米収量は6760t(予測)で、13年産比154%となっている。

(写真)
飼料用米で育てられている豚

(関連記事)

協同組合の理念を共有 JC総研が職員セミナー(2015.01.07)

総供給高ほぼ前年並 主要生協の11月度実績(2014.12.24)

配食1日10万食、移動販売車141台に 生協(2014.11.07)

食品の機能性表示制度で意見書 生活クラブ生協連(2014.10.29)

【TPPと農協改革】解体させられた韓国の中央会 FTAで農協分割(2014.10.09)

最新の記事

シンジェンタライブラリー:SP

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る