肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2015.03.03 
飼料用米普及でシンポ開催 日本飼料用米振興協会一覧へ

 (一社)日本飼料用米振興協会は3月20日に「飼料用米を活かす日本型循環畜産推進交流集会?飼料用米普及のためのシンポジウム2015」を開催する。

 シンポジウムでは農林水産省から飼料用米普及に向けた取り組み報告。JA全農の飼料用米生産拡大への問題提起、飼料用米を利用している農場、事業者からの報告などがある。また、特別講演として国際的な観点から穀物自給率の向上や食料安全保障の重要性をテーマに鈴木宣弘・東大教授が講演する。

○日時:3月20日(金)午前11時から午後5時
(第一部)午前11時から資料展示、(第二部)午前12時55分からシンポジウム。
○場所:東京大学弥生キャンパス農学1号館2、3階8番教室
○講演:「飼料用米の利用推進について」(農林水産省生産局畜産部)、「米の需要拡大に向けた品種開発」(JA全農営農販売企画部)、「飼料用米の生産から消費までの流通に携わって」(木徳神糧)
○特別講演:「食の自給率向上と安全保障」(鈴木宣弘・東大大学院教授)
○事例報告:「耕畜連携による自給飼料増産の取り組み」(有限会社アイデナエンタープライズ、高秀牧場)、「コープネットグループにおけるお米育ち豚プロジェクトの実践報告」(コープネット事業連合)
○参加費:無料
○参加申し込み締め切り:3月18日(定員200名)
○問い合わせ先:Eメール

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ