Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

野鳥の鳥インフルすべて陰性 環境省2016年6月1日

一覧へ

 環境省は、今年4月に実施した「野鳥の高病原性鳥インフルエンザ保有状況調査」の結果をまとめた。

 この調査では、ガンカモ類の糞から高病原性鳥インフルエンザウイルスは確認されず、すべて陰性だった。
 糞の採取地は、北海道・青森・秋田・栃木・新潟・静岡・和歌山・鳥取・広島・徳島・愛媛・長崎の12道県の16市町で、942個体を採種して、ウイルスの保有状況を検査確認した。
 この糞便調査は、海外から野鳥が日本へ高病原性鳥インフルエンザウイルスを持ち込んだ場合に早期発見することを目的に、毎年10月から翌年4月まで、環境省が定期的に実施している調査で、今シーズンはこれで終了する。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る