Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

日本の牛疫ワクチンが世界標準に-農研機構2016年6月28日

一覧へ

 農研機構はこのほど日本産牛疫ワクチンがOIE(国際獣疫事務局)で世界標準株として承認されたことを発表した。

 牛疫は致死率、感染力とも高く世界中でもっとも恐れられた家畜の伝染病だが、FAO(国連食糧農業機関)とOIEによる撲滅キャンペーンによって2011年に撲滅が宣言された。
 農研機構は再発などの不測の事態に備え牛疫に高い感受性を持つ黒毛和牛にも安全に使用できるLA赤穂株を用いた牛疫ワクチンの製造と備蓄を行っている。
 LA赤穂株は日本で樹立され実用化したワクチン製造株で長い歴史を持つ。農研機構は全ゲノム配列を決定しOIEマニュアルへの収録を提案していたが、5月のOIE総会で承認された。世界標準株として位置づけが明確化され、今後、牛疫の清浄性の維持に役立てられる。

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る