人事2024 左バナー 
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
FMCベリマークSC:(SP)センター
日本曹達 231012 PC
FMCプレバソンSP

青森 鳥インフルと特定2016年12月6日

一覧へ

 農水省は遺伝子解析の結果、12月2日に青森県で確認されていた同県2例目の高病原性鳥インフルエンザ疑い例は、患畜と確認されたことを12月5日公表した。

 青森県青森市でアヒル(フランス鴨)約4800羽を飼養している農場だった。遺伝子解析の結果、高病原性鳥インフルエンザウイルスのH5N6亜型で、韓国で多発している鳥インフルエンザウイルスと同型であることもわかった。
 これまで新潟県で2農場、青森県で1農場が高病原性鳥インフルエンザの発生は確認され、いずれもH5N6亜型であることが分かっている。

重要な記事

ナガセサンバイオ右上長方形SP 20230619

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る