想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:イントレックス
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

1トンあたり1550円値上げ 7-9月期配合飼料-JA全農2018年6月27日

一覧へ

 JA全農は6月26日、7-9月期の配合飼料供給価格を決定した。

 飼料情勢や外国為替の動向などをふまえ、4-6月期に対して全国全畜種総平均1tあたり約1550円値上げする。改定額は地域別・畜種別・銘柄別に異なる。
 全農はあわせて飼料情勢などを公表した。
 トウモロコシのシカゴ相場は3月には1ブッシェル(25.4kg)3.8ドル前後で推移していたが、米穀農務省の3月29日発表の作付け意向調査で米国産新穀の作付け面積が減少する見通しとなったことや、低温多雨による作付けの遅れも懸念されたことなどから、同4ドルまで上昇した。
 その後は天候が改善し米国産新穀は順調に生育していることから、現在は同3.7ドル前後となっている。今後は夏場の受粉期に向けて天候に左右される相場展開が見込まれている。
 大豆粕のシカゴ相場は3月には1トン410ドル前後だったが、米国産新穀大豆の作付け面積が減少の見通しとなったこと、南米産大豆の不作で南米産大豆粕の輸出が大幅に減少、米国産大豆粕の輸出需要が増加するとの見通しから、同430ドル台まで上昇した。その後、米国産新穀の作付けの進み具合が平年並みとなり順調に生育していることから、現在は同380ドル前後となっている。これにより国内の大豆粕価格は、シカゴ相場の上昇と円安で値上がりが見込まれる。
 その他、米国ガルフ・日本間のパナマックス型海上運賃は2月には1トン45ドル前後だった。その後、南米産大豆の輸送需要が一段落したものの、原油相場が堅調のため現在も同45ドル前後となっている。今後は南米産トウモロコシの輸送需要が本格化するため、海上運賃は底堅く推移すると見込まれている。
 外国為替は3月は1ドル106円前後だったが、中東や朝鮮半島における国際紛争リスク低下への期待と、好調な経済で米国での利上げ観測が強まったことから円安が進み現在は同110円前後となっている。今後は、米国経済・産業政策の動向と地政学的リスクなどを材料に相場は現行水準で推移すると見込まれている。

 

(関連記事)
1トンあたり約1100円値上げ-JA全農 4~6月期の配合飼料価格(18.03.26)
配合飼料価格1tあたり1500円値上げ-JA全農(17.12.25)
事業総利益の伸び、再びマイナス-JA経営(17.11.20)
配合飼料供給価格 1tあたり400円値下げ-JA全農(17.09.25)
配合飼料価格 1tあたり1100円値下げ-JA全農(17.06.27)
配合飼料価格700円値上げ-JA全農(17.03.28)

最新の記事

国際衛生SP:パナミエール

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る