Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

飼料添加物メチオニンの流通業務が「総合効率化計画」に認定 住友化学他2019年5月7日

一覧へ

 住友化学、住友倉庫、四国開発フェリーは、住友化学愛媛工場(愛媛県新居浜市)で生産する飼料添加物メチオニンの船舶による国内輸送業務について、国土交通省が物流総合効率化法で定める「総合効率化計画」の認定を受けたと発表した。

 物流総合効率化法は、輸送の合理化により流通業務を効率化し、物資の流通に伴う環境負荷の低減や流通業 務の省力化を図る事業や取り組みに対し、その計画の認定や関連支援措置などを定めた法律。計画が 認定されると、税制特例措置を受けられるなど多くのメリットがある。
 メチオニンは、動物の体内で合成できない必須アミノ酸の一種で、主に鶏の飼料添加物として使われている。世界的な人口増加や、新興国の経済成長による食肉文化の広がりを受け、この先も年率6%程度の高い市場成長が続くと見込まれていることから、愛媛工場では、2018年10月に年産約15万トンから 約25万トンへ生産能力を増強。主要な輸出港である神戸港へのメチオニン輸送量をさらに増やす予定だ。
 3社共同での計画では、増産するメチオニンについて、神戸港への輸送の大部分を船舶で実施する。神戸港まで陸上のみで輸送する場合と比較すると、CO2排出量を約55%、トラックによる輸送量を約94%、トラック運転手の労働時間を約91%削減することが可能になる(図参照)。

 

飼料添加物メチオニンの「総合効率化計画」

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

ヤンマーSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る