想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドPS:大豆剤
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

動物由来の共通感染症に対するワンヘルス実践を決議ー日本獣医師会2020年6月26日

一覧へ

日本獣医師会は、6月23日に開いた第77回通常総会で「新型コロナウイルス感染症等動物由来の人と動物の共通感染症に対するワンヘルスの実践」について決議した。我が国における動物由来の共通感染症などについて、迅速かつ的確な危機管理体制を早急に確立することを狙いとしたもの。

日本獣医師会

新型コロナウイルス感染症は、人から人への感染だけでなく人から猫などのペットにも感染がみられ、動物由来の人と動物の共通感染症(人獣共通感染症)とされている。動物由来の共通感染症に対する予防やまん延防止のためには、人の医療と動物の医療の両側からのアプローチが必要とされる。

同会と日本医師会は、人の健康、動物の健康、野生動物を含む環境の保全の3分野が一体となり連携して対応する「ワンヘルス」の概念が世界的に普及していることを踏まえ、平成25年に「ワンヘルスに基づく学術協力の推進に関する協定」を締結している。
しかし、我が国における人と動物の共通感染症に対する「ワンヘルス」の実践体制は十分とは言えず、新型コロナウイルスについても人から猫、猫から猫、猫から人への感染事例が報告されている。

こうした中、動物から人への感染症は厚生労働省、動物から家畜・家禽への感染症は農林水産省が所管する一方、犬や猫などのペットおよび野生動物の感染症は、所管省庁が存在しない空白領域となっている。

これらの状況を踏まえ、同会は動物由来の人と動物の共通感染症への迅速かつ的確な危機管理体制確立を求めるとともに、「ワンヘルス」の実践に尽力するため今回決議を行ったもの。

今後は家畜・ペットの感染症に関する調査研究、医薬品開発、水際防疫実施体制を固め、国際的な関連機関との連携も強化していくとしている。

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る