左バナー 人事2023
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
新聞購読申込 230901
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_花づくり_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
ヘッダー石原バイオ:ランマンフロアブルSP
FMCプレバソンPC
FMCプレバソンSP

京都の「亀岡牛」日本三大和牛が集う近畿東海北陸連合肉牛共進会で最優秀賞2023年11月24日

一覧へ

京都府亀岡市の「亀岡牛」が11月16日~19日、京都市中央卸売市場第二市場で開かれた「第70回近畿東海北陸連合肉牛共進会」(主催:近畿東海北陸肉牛協会)で最優秀賞を受賞。肉質の高さが評価され、最優秀賞の農林水産大臣賞を2年ぶりに受賞した。

亀岡牛のサーロインステーキ(イメージ)亀岡牛のサーロインステーキ(イメージ)

全国的に有名な近江牛、神戸ビーフ、松坂牛、飛騨牛などブランド牛をはじめ選りすぐりの97頭が出品されるなか、「亀岡牛」は、最優秀賞(農林水産大臣賞)を受賞した。

最優秀賞を受賞最優秀賞を受賞

共進会は、第1部(雌牛)と第2部(去勢牛)に分かれ、各9頭(最優秀賞、優秀賞1~3席、優良賞1~5席)が入賞。2部の最も優れたものが農林水産大臣賞となる。亀岡牛の生産農家6戸、計10頭が出品した「亀岡牛」は、特に肉質の高さが評価され、最優秀賞のほか3つの賞を受賞した。

近畿東海北陸連合肉牛共進会は、近畿東海北陸肉牛協会が主催する国内屈指の共進会で、毎年開かれ今回が70回目。各農家が肉質の向上を目指してこだわりの飼養技術を競い合う場として、京都府・滋賀県・静岡県・三重県・岐阜県・兵庫県の6府県から近江牛、神戸ビーフ、松坂牛、飛騨牛など名だたるブランド牛をはじめとした選び抜かれた肉牛が出品され、その肉量、肉質を競う。

「亀岡牛」は、亀岡の深い霧をもたらす寒暖差の中、自然豊かな環境が育む希少牛。その飼育には、こだわりがつまっており、1頭あたりのスペースを広く確保して清掃をこまめに行うなど、牛にとってストレスがない環境で育てている。水や飼料にもこだわり、亀岡盆地の山々に降った雨や雪が地下深くに浸透したミネラル成分が多く含まれた水と、長年かけて導き出した独自に配合した飼料をを与えている。

肉牛の出荷は約28か月だが、亀岡牛は2か月から半年ほど長く飼育し、牛を成熟。長期飼育により、肉本来の旨味を最大限に引き出し、胃もたれしないあっさりとした艶のある脂となる。

亀岡牛の飼育亀岡牛の飼育

◎「亀岡牛」の受賞内容
<第2部(去勢牛)>
・最優秀賞(農林水産大臣賞)
西川貴大氏
・優秀賞1席
人見武瑠氏
・優良賞2席
人見武瑠氏
・優良賞3席
原田雅之氏

重要な記事

ヤンマーSP

最新の記事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略

Z-GIS 右正方形2 SP 230630

注目のテーマ

注目のテーマ

JA共済連:SP

JA人事

JAバンク:SP

注目のタグ

topへ戻る