想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:シグナム
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

協同組合に誇り持ち参加を アリエル・グアルコICA会長【組合員調査最終集計】2020年7月29日

一覧へ

アリエル・グアルコICA会長のメッセージ

アリエル・グアルコICA会長アリエル・グアルコICA会長

組合員の方々へのアンケート調査の結果について、お祝い申し上げます。

また、組合員一人ひとりの声に耳を傾け、組合員の声を聞くために多大な努力をされたことにも、心から敬意を表したいと思います。

何百万人もの組合員がこの調査に協力され、彼らはJAが農業分野だけでなく、信用や共済など他の分野においても活動することを支持しています。

SDGs(持続可能な開発目標)の枠組みの中で、農家に経済的、社会的、環境的な持続可能性が求められるなか、農家はそれに応じて営農形態を適応させていかなければなりません。

農家が、営農、信用、共済の相乗効果を発揮できるような協同組合組織と密接に結びつくことは、日本にとって極めて重要です。

協同組合組織が自律的に行動を決定できるようになるためには、組合員一人ひとりの声が不可欠です。

今日、人類が直面している課題は地球規模のものですが、その答えはそれぞれの地域において導かれなければなりません。

協同組合が私たちの社会に提供できるもっとも重要なことは、アクティブメンバーシップに基づき、組合員が自分たちの協同組合に誇りを持ち、皆で参加し、それぞれの地域が必要とする解決策のために努力することを惜しまない、というそのことです。

だからこそ、JAグループがすすめる対話は重要です。それによって、JAグループの方針は、組合員全員のビジョンをくみ上げ、そうしたビジョンを日本の農業が直面する課題に対応するための大きな力としていくことができるのです。

JAグループが5年前に始めたこの自己改革の取り組みは、390 万人もの組合員から回答を得たこの壮大なアンケート調査にも表れているように、今日、地域社会のために取り組み続けていることへの組合員の支持を得ています。

このアンケート調査が、皆さんが長年続けてこられたように、農業協同組合を発展させ、成長させていくことを願っています。
遠いところから、力強い協同の意を表します。


2020年7月        
ICA会長 アリエル・グアルコ

(関連記事)

「JAは必要」9割 ICA会長が高く評価-組合員調査最終結果

運営は組合員の自由意思で 「地域」で共通する生協とJA 日本生協連 藤井喜継専務理事【組合員調査最終集計】

対話こそ協同組合運動の原点 JA全中中家徹会長談話【組合員調査最終集計】

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る