Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

岩手県で太陽光発電事業スタート 全農と三菱2013年6月4日

一覧へ

 JA全農と三菱商事は岩手県花巻市で太陽光発電事業をスタートさせる。

いわて純情米広域集出荷施設発電所の完成予想図 両者は平成24年7月、全国の農業者・JAグループ関連施設の屋根を活用した太陽光発電事業に取り組むことで合意。10月には、合弁でJAMCソーラーエナジー合同会社を新設した。
 今回の発表は、このJAMCソーラーエナジーによる初めての取り組みだ。JA全農いわての「いわて純情米広域集出荷施設」の屋根に、242ワットのソーラーパネル3300枚を設置。想定発電量は744Mwhで、約130世帯分の電力使用量に相当する。6月5日に起工式を行い、9月からは東北電力に対して売電を開始する。
 JAMCソーラーエナジーは、全国各地で発電施設の設置計画を進めており、昨年度は全国から80件、発電量にして合計3万キロワット分の案件が集まったという。今年度も、畜舎、倉庫などの屋根、農地以外の遊休地なども対象に加え、発電量合計9万キロワットの設置計画を進める考えだ。

(イラストはいわて純情米広域集出荷施設発電所の完成予想図)


(関連記事)

【JA全農燃料事業】野口栄部長に聞く(2013.03.29)

太陽光発電で年間77万kwhを供給(2013.04.03)

太陽光発電支援で合同会社設立  JA全農(2012.07.27)

【JA全農 生産資材部】 太陽光発電をハウスに導入  営農・技術センターで実証試験を実施中(2011.10.27)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る