JAの活動 ニュース詳細

2014.01.20 
2月28日、福岡で都市農業シンポ JA全中一覧へ

 JA全中、JA福岡中央会は2月28日、福岡市の天神クリスタルビル大ホール(中央区天神)で、都市農業の価値などを考えるシンポジウムを開く。

 シンポジウムのテーマは「“つくる”と“たべる”のコラボレーション〜つながりが生み出す新たな価値の創造〜」。
 JAグループは第26回JA全国大会決議で、「都市農業が価値ある場として認識・共感され、都市住民の支援・参画を得られる姿を目指す」としており、今シンポジウムはその実践のため、農業者自身に都市農業や都市に農地がある価値について再認識してもらうことを目的に開催する。
 シンポジウムはJAグループ役職員や都市農業者などが主な対象。農的社会デザイン研究所の蔦谷栄一代表の講演のほか、JAおちいまばり、JA福岡市などが実践報告を行う。
 シンポジウムの問い合わせはJA全中食農・くらしの対策課(TEL:03-6665-6240)まで。

【イベント概要】
○日時:2月28日(金)13:00〜16:30
○会場:天神クリスタルビル大ホール(福岡市中央区)
○参加対象:JAグループ役職員、自治体・農業委員会役職員、都市農業者など
○主なプログラム:(敬称略、テーマはすべて仮題)
▽講演「これからの社会と都市部の農業・農地の姿、価値〜共生のコミュニティ農業へ〜」蔦谷栄一・農的社会デザイン研究所
▽実践報告1「JA直売所と一体の体験農園〜地域住民をどう引き付けるか〜」西坂文秀・JAおちいまばり直販開発室室長
▽実践報告2「JAが都市的地域ではたす役割」茂木嘉浩・JAファーム福岡専務取締役
▽実践報告3「農業体験農園を核とした地域住民との関わり」成清禎亮・福岡県農業体験農園園主会事務局長


(関連記事)

農地集積促進税制など重点要望決定 JA全中(2013.11.14)

【現地ルポ・JAいずみの(大阪府)】多様な担い手育成に力、都市農業継続へ法人も(2013.11.13)

純農業地域の農地価格18年連続で下落(2013.04.01)

都市農業の存続に向け税制改正課題などを議論 都市農業シンポin横浜(2012.11.26)

都市農業振興基本法の制定など提言 検討会が中間とりまとめ(2012.08.14)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ