想いをつなげて90年 持続可能な社会を目指して 「希望は農協運動にある」
Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
どう思う!菅政権
薄井寛・20大統領選と米国農業
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
Z-GIS:ヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

萬歳JA全中会長が辞意を表明2015年4月9日

一覧へ

8月臨時総会で新会長選出へ

 JA全中の萬歳章会長は4月9日の全中理事会で辞意を表明したことを理事会後の定例記者会見で明らかにした。

辞意を表明した萬歳JA全中会長 会見で萬歳会長は「私は農協法の改正法案が閣議決定されたことなどを一つの区切りとし、自己改革を実践していくためにも、組合員のための新しい中央会を新会長のもとでつくっていただきたいとの思いで、この度、会長の職を辞することを本日の理事会で表明した」と話した。
 退任の時期は次期全中会長選出の手続きを行うことから「8月の臨時総会(8月7日の予定)で交代ということになろうかと思っている」と述べた。
 この時期の退任表明について改めて「まさに協同の力を発揮しながら組合員のための新しい方向づけを新会長のもとでやっていきたいという、前向きな姿勢のなかで結論を出した」と強調し「自己改革に果敢に挑戦していく姿勢を」とJAグループに呼びかけた。
 5月の理事会で会長選出の手続き、スケジュールを正式に決める。また冨士専務は5月14日に退任することも了承され、5月15日の臨時総会で学経理事の補欠選任を行う。理事候補として金井健JA全中JA改革推進部総括部長が理事会で了承された。

(写真)
辞意を表明した萬歳JA全中会長


(関連記事)

JAの役割知り、決意新た 全国機関新規採用職員研修会(2015.04.08)

【TPP】JAグループが国会決議実現へ特別決議(2015.03.20)

食料自給率目標 カロリーベース45% 農水省が基本計画原案(2015.03.19)

JAしまね 船出祝う(2015.03.16)

総力あげ自己改革 第61回通常総会 JA全中(2015.03.13)

最新の記事

ケツト科学研究所:SP

クミアイ化学右カラムSP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る