JAの活動 ニュース詳細

2015.08.04 
全農グループの事業規模6兆2000億円一覧へ

 JA全農は7月30日の通常総代会で26年度の業務報告書などが承認されたが、「子会社等の状況」および「連結決算書類」も報告され了承された。

26年度の事業収益および事業別内訳 JA全農の連結する子会社および子法人等の数は、子会社119社、子法人等8社の合計127社となっており、これの平成26年度売上高は2兆7505億8500万円(前年度比+4.5%)。当期純利益は143億9300万円、全農への配当額は33億2400万円となっている。
 また、連結決算による26年度の事業収益および事業別内訳は表のようになっている。
 連結決算による全農グループの事業収益は、6兆2163億6600万円で、前年度より3%・2200億円の減少となっている。これは、「増税前の前倒し需要の影響で、営農生産事業、生活関連事業の事業収益が減少したこと」によると、全農では分析している。
 事業別にみると、畜産が前年度より5%増の2兆2082億9700万円で、全体の3分の1を超える35.5%を占めているのが目立つ。次いで園芸が同4%増の1兆1839億3200万円、生活関連が同14%減少の1兆446億8300万円となっている。米穀事業は8372億5700万円と前年度より8%の減少となっており、全体に占める割合も13.5%と「その他」を除けばもっとも低くなっている。

(関連記事)

バリューチェーンの構築で自己改革を実践-JA全農 (15.08.04)

27年度米価回復にむけて取り組む JA全農総代会 (15.07.31)

アスパラガスの消費拡大ねらいPR販売 主産県とJA全農 (15.07.17)

全農ブランドの中元ギフトセット発売 JA全農 (15.07.06)

大阪駅でみのりみのるマルシェ JA全農とJR西日本 (2015.6.19)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ