Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_シリーズ_新たな基本計画
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
株式会社カクイチヘッドSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAの救援始まる しまねが第1便 熊本地震2016年4月18日

一覧へ

 「平成28年熊本地震」で大きな被害を被った被災地へ、JA間の救援活動が始まった。熊本県のJA菊池には、14日の前震の後、JA東京みどりからブルーシートが、また本震の後にはJAしまねから生活物資を満載したトラックが到着した。

JAしまねから救援物資第1便が出発 JAしまねは本震のあった翌日17日午後6時、飲料水やカップラーメンなどを10t車に満載して送り出した。途中、渋滞はあったが、17時間かかって、18日の午前11時、無事JA菊池に到着した。その前にはJA東京みどりからブルーシートが到着。雨模様の被災地で役立った。
 JA菊池の三角修組合長は「全職員を動員して、全戸の被害把握につとめているところだ。牛の圧死の報告が入っているが、全体の農業被害は集計中だ。まだ、JAグループの受け入れ体勢が整っていないなかで、JA間の支援はありがたい」と話している。
(写真)JAしまねから救援物資第1便が出発

今日のニュースへ戻る

(熊本地震の関連記事)
【熊本地震】一部農地に土砂流入、食料支援と被害把握に全力-農水省 (16.04.18)

熊本地震 特別相談窓口設置 日本公庫 (16.04.18)

熊本地震で全中が対策本部設置 (16.04.15)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

JA人事

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

衝撃 コロナショック どうするのか この国のかたち

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

県連人事

JA人づくり研究会:SP

全農子会社・関連企業人事

新世紀JA研究会:SP

本田防除

クローズアップ

topへ戻る