JAの活動 ニュース詳細

2016.04.18 
JAの救援始まる しまねが第1便 熊本地震一覧へ

 「平成28年熊本地震」で大きな被害を被った被災地へ、JA間の救援活動が始まった。熊本県のJA菊池には、14日の前震の後、JA東京みどりからブルーシートが、また本震の後にはJAしまねから生活物資を満載したトラックが到着した。

JAしまねから救援物資第1便が出発 JAしまねは本震のあった翌日17日午後6時、飲料水やカップラーメンなどを10t車に満載して送り出した。途中、渋滞はあったが、17時間かかって、18日の午前11時、無事JA菊池に到着した。その前にはJA東京みどりからブルーシートが到着。雨模様の被災地で役立った。
 JA菊池の三角修組合長は「全職員を動員して、全戸の被害把握につとめているところだ。牛の圧死の報告が入っているが、全体の農業被害は集計中だ。まだ、JAグループの受け入れ体勢が整っていないなかで、JA間の支援はありがたい」と話している。
(写真)JAしまねから救援物資第1便が出発

今日のニュースへ戻る

(熊本地震の関連記事)
【熊本地震】一部農地に土砂流入、食料支援と被害把握に全力-農水省 (16.04.18)

熊本地震 特別相談窓口設置 日本公庫 (16.04.18)

熊本地震で全中が対策本部設置 (16.04.15)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ