JAの活動 ニュース詳細

2016.05.09 
盛況で入店制限も 「ファミマ・全農ふれっしゅ広場」開店一覧へ

 JA全農えひめとファミリーマートが、農産物直売所とコンビニエンスストア一体型店舗として、愛媛県東温市に設置した「ファミリーマート・全農ふれっしゅ広場」のオープニングセレモニーが、4月29日、岡本健治JA全農えひめ運営委員会会長、野口栄JA全農常務理事、小越慎介JA全農えひめ県本部長、中平義人(株)ファミリーマート常務執行役員、ら関係者が出席して行われた。

 当日は、セレモニー開催前から大勢の人たちが詰めかけ、セレモニー後は一時入店を制限するほどの賑わいをみせ、地域の人たちの同店への期待の大きさを感じ取れた。
 セレモニーでは、岡本JA全農えひめ会長が「コンビニエンスストアならではの多様な商品や年中無休、24時間営業といったサービスの提供による利便性向上に加え、地元生産者・『フレッシュ市部会』の皆さまが出荷した野菜やくだもの、花木類のほか、精肉、鮮魚など、地域に密着した幅広い商品の充実、イートインコーナーの設置など同店の特徴だ」と述べるとともに、なかでも精肉コーナーはJA全農えひめ直営の「全農のお肉屋さん」として、対面方式により、伊予牛「絹の味」、「ふれ愛・媛ポーク」など愛媛県産ブランド肉を提供していることを強調した。そして同店は「JA全農とファミリーマートとの全国初の一体型店舗であり、全国のJA直売所の活性化モデルとなっていければと考えております」とあいさつした。

テープカットする岡本JA全農えひめ会長他

(写真)テープカットする岡本JA全農えひめ会長、野口JA全農常務はじめ関係者、一時は入場制限されるほどの賑わいをみせた店内

今日のニュースへ戻る

(全農×ファミマの関連記事)

直売所とコンビニ合体 全農とファミマ、愛媛に1号店 (2016.04.27)

地域の懸け橋「ミニファミ号」出発式 (16.04.08)

明日から移動販売開始! 「ミニファミ号」 JA全農×ファミリーマート (16.04.06)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ