Z-GIS左PC
左カラム:全中動静160_86
緊急企画:JA対話運動~コロナ禍での協同~
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_コロナJA緊急アンケート
左カラム_JAへエール
左カラム_緊急特集どうなる日本の食
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_持続化給付金まとめ
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
左カラム_農協協会90周年_400px
FMCSP
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

みのりみのるマルシェ・常陸の実り 盛況2016年5月30日

一覧へ

 JA全農は5月28日と29日、東京都中央区の銀座三越で「みのりみのるマルシェ 茨城県『常陸の実り』」を開いた。

「常陸の実り」でいっぱいのマルシェ 銀座三越9階銀座テラスで開かれたマルシェは、レストランで昼食をとりにきた人らで、「9階でマルシェやってたんだ」という驚きの声とともに賑わった。
 全農が発信しているフリーペーパー「AGRIFUTURE」で地域の生産者や農産物を紹介、取り上げたJAのマルシェを展開している。今回はJA常陸を取り上げ、マルシェには旬のアスパラガス、奥久慈(おくくじ)なす、奥久慈ねぎなど様々な加工品を含めた商品が並んだ。来場者は産地でしか購入できないご当地の旬を楽しんだ。
 管内の生産者のパネルや動画も展示され、担当者は「フリーペーパーは生産者と消費者をつなげたいという思いで作っている。マルシェでより身近に感じてもらえたら」と話す。また「メディアで取り上げられる東京や海外にあこがれを抱く人が多いが、自分たちの住む地域の素晴らしい部分を見つけるきっかけになってほしい」と語った。
(写真)「常陸の実り」でいっぱいのマルシェ

(みのりみのるマルシェの関連記事)
6月に 「JR大阪駅みのりみのるマルシェ」 (16.05.25)

みのりみのるマルシェ 茨城県 銀座三越で (16.05.24)

仙台駅に 地産地消飲食店 「みのりカフェ」「グリルみのる」 3.18オープン JA全農 (16.02.02)

JR大阪駅で「兵庫の実り」 JA担当者自ら販売 JA全農 (15.09.17)

最新の記事

シンジェンタSP:アンケート(200603-)

DiSC:SP

負けるな! コロナ禍 今始まる! 持続可能な社会をめざして

新世紀JA研究会 課題別セミナー:SP

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

ウィズコロナ 命と暮らしと地域を守る農業新時代への挑戦

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP

コロナ対策に学ぶ

JA人づくり研究会:SP

本田防除

新世紀JA研究会:SP
topへ戻る