JAの活動 ニュース詳細

2016.09.16 
配合飼料価格 トンあたり1650円値下げ-10月~12月期 JA全農一覧へ

 JA全農は10~12月期の配合飼料価格を7~9月に対して全国全畜種総平均で1tあたり約1650円引き下げることを決定し9月16日に公表した。

 改定額は地域別、畜種別、銘柄別に異なる。
 JA全農が公表した飼料をめぐる情勢は以下のとおり。
 トウモロコシのシカゴ定期は、6月には米国産地での高温乾燥による作柄悪化懸念から上昇し、一時1ブッシェル(25.4kg)4.4ドルを越える水準となった。しかし、天候が回復し作柄改善の見込みとなり相場は下落。8月12日の米国農務省見通しで史上最高の生産量見通しとなったことから、現在は同3.2ドル台となっている。
 今後は豊作が期待されるが、米国産の輸出需要の増加が予想されることなどから、相場は現行水準で推移すると見込まれるという。
 大豆粕は米国農務省の需給見通しで米国産大豆の生産量見通しが上方修正されて期末在庫が増加したことから、シカゴ定期は下落し、1tあたり340ドル台で推移している。
 国内大豆粕価格はシカゴ定期の下落と為替の円高影響で値下がりが見込まれるという。
 海上運賃(米国ガルフ・日本間のパナマックス型海上運賃)は現在1tあたり33ドル前後で推移している。
 今後は、北米からの穀物輸送需要が増加することから海上運賃は強含みで推移すると見込まれるという。
 外国為替は米国の利上げ時期や各国の金融政策などを材料に一進一退の相場展開が見込まれるという。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ