第43回農協人文化賞:PC
バイデン農政と中間選挙
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2021
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_JAまるごと相談室
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
石原バイオヘッドSP:ネマトリンエース
FMCセンターPC:ベネビア®OD
JA全中中央SP

ジビエの現在を展示 10月ミノーレ2016年10月3日

一覧へ

 東京・大手町のJAビル4Fの農業・農村ギャラリー”ミノーレ”は10月の間、特定非営利活動法人日本ジビエ復興協議会とJAグループによる「恵みの大地 信州ジビエ×農産物」のパネル展示を行っている。

ジビエの現在を展示 10月ミノーレ足くくり罠

 パネル展示では、ヨーロッパで始まったジビエ(狩猟で捕獲した野生鳥獣の肉)や江戸時代に日本で「山くじら(猪肉)」などの名称で親しまれていた歴史。深刻化する鳥獣被害、ジビエ肉提供のための移動式解体処理車などが紹介されている。
 罠具を販売する(株)三生が足くくり罠の実物展示を行っている。
 ジビエに関する展示は今年で3回目。ミノーレの担当者は「一般の人にはまだまだ馴染みがないと思うが、言葉自体は定着してきていると思う」と話す。
 12日と13日はジビエ特別「信州野菜と鹿のから揚げ弁当」の販売が行われる。
(写真)パネル展示、足くくり罠

最新の記事

シンジェンタポータルフェーズ:右上長方形SP

みどり戦略

クミアイ化学右カラムSP

注目のテーマ

注目のテーマ

住友化学右正方形SP:2023

JA人事

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る