JAの活動 ニュース詳細

2016.10.26 
堤未果さん 強欲資本主義の対抗軸は協同組合-全農ウィークリーが特集一覧へ

 JA全農が発行する「JA全農ウィークリー」10月17日号はジャーナリスト・堤未果さんのインタビューで「今だけ、金だけ、自分だけ」vs「お互いさまの協同組合」を特集している。

JA全農ウィークリー 堤さんは世界を浸食しているマネーゲームの根底にある「今だけ、金だけ、自分だけ」の強欲資本主義のもっとも重要な対抗軸となるのが「協同組合」だと強調している。
 TPP交渉が明るみになって以降、世界各地の農業や農協を徹底的に取材したという堤さんは「世の中には、くさびとして必要なものが確かにある」。"お互いさまの協同組合"は「人間が欲に目がくらんで暴走してしまったとき、もう一度原点に引き戻すための大切な哲学」と強調し、今は全国各地で「なぜ農協を守らなければならないか」を講演しているという。
 また、カナダの取材では農協が政府によって一部株式会社化されその後、外資に買収されてしまった事例を知り、「農家のためにといううたい文句で今進められている農協改革のなかに一行、"全農の株式会社化"という項目があるが、ここがもっとも重要」と警鐘を鳴らす。
 また、TPPには「あと2人兄弟がいる」としてTTIP(EU版TPP)と秘密裏に進むTISA(新サービス貿易協定)も紹介している。
 堤さんのサイン入り著書プレゼントも。JA全農ウィークリーは全農のホームページで読める。JA全農ウィークリー

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ