Z-GIS左PC
JA全農 部長インタビュー 全力結集で挑戦 21年度事業計画
左カラム:全中動静160_86
検証菅政権
バイデン農政と日本への影響
左カラム_シリーズ_防除学習帖
左カラム_病害虫情報2020
左カラム_コラム_正義派の農政論_pc
左カラム_コラム_米マーケット情報_pc
左カラム_コラム_地方の眼力_pc
左カラム_コラム_食料・農業問題 本質と裏側
左カラム_コラム_昔の農村・今の世の中_pc
左カラム_コラム_グローバルとローカル_pc
左カラム_コラム_TPPから見える風景_pc
左カラム_コラム_ムラの角から_pc
左カラム:JCA160_86
BASFヘッドSP:ゴーゴーサン
JA全中中央①PC
JA全中中央SP

JAタウンのギフトカードが当たる! JA全農2018年4月20日

一覧へ

・卓球少年少女を応援するSNSキャンペーンを展開中

 JA全農ではいま、小学生の卓球支援の一環として、出場選手たちを応援するSNSキャンペーンを実施中だ。

JAタウンのギフトカードが当たるキャンペーンチラシ JA全農は「全農杯平成30年度全日本卓球選手権大会」(ホープス・カブ・バンビの部)に特別協賛し、出場選手へ国産農畜産物を副賞として提供するなど、子どもたちの夢を応援している。
 キャンペーンは全国各地で開催中の同大会に併せて実施しているもので、応募期間は6月11日まで。抽選でJAタウンギフトカード(4500円相当)が合計50名に贈られる。応募の際は事前に規約を読み、内容に同意することが条件となる。

(写真をクリックすると大きな画像が表示されます。)

 
 キャンペーンの応募方法などの概要は次の通り。

 
○応募方法

(1)SNS(ツイッター、もしくはインスタグラム)
  アカウント「全農広報部スポーツ応援」(@zennoh_sports)をフォローする。

(2)「#全農」「#全農杯2018」「#卓球がんばれ」「#プレゼント」「#(開催都道府県)」の5つのハッシュタグをつけて、選手や会場の写真、応援メッセージなどを投稿。開催都道府県には、例えば、北海道、山形県、大阪府などと記入する。

 

○応募条件
(1)ツイッターまたはインスタグラムのアカウントを持っている人。持っていない場合は次のサイトから新規登録する。
【ツイッター】
 https://twitter.com
【インスタグラム】
 https://www.instagram.com
(2)全農広報部スポーツ応援SNS(ツイッターかインスタグラム)アカウント「@zennoh_sports」をフォローしている人。
(3)国内在住の20歳以上の人で賞品の届け先が国内の人。
*応募規約は次のURLから見ることができる。
http://www.zennoh.or.jp/press/topic/upload_files/20180419%20campaign.pdf

 

(関連記事)
JA全農がSNS投稿集約 サイトを公開(18.04.19)
JA全農が「推進法」にもとづき東京労働局へ届出(18.04.17)
【インタビュー・立石幸一JA全農参事】GAPに取り組み選ばれる産地に(18.04.09)
「お米のミルク」にフレーバー JA全農が新発売(18.04.04)
JA全農が木徳神糧(株)へ出資(18.04.04)
元イオングループの寺嶋氏を登用 JA全農(18.03.29)

最新の記事

シンジェンタライブラリー210908:SP

JA人事

クミアイ化学右カラムSP

みどり戦略を考える

注目のテーマ

注目のテーマ

Z-GIS:SP

JA女性協70周年記念 花ひらく暮らしと地域

JA共済連:SP

注目のタグ

JAバンク:SP
topへ戻る